<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
しあわせのパン
すごく素敵な作品でした。
雰囲気やロケーションも最高だし、
Cafeマーニの建物から小物の1つ1つ、
本当にナチュラルで可愛くて素敵でした。

リアルな悩みとかもあったりするけど、
どこかおとぎ話みたいな雰囲気もある作品でした。

大泉さんと原田さんがパンを作るのんびり生活的な作品かと思ったら
そこに来る一癖あるお客様がしあわせになって帰っていくお話。

ナチュラルな雰囲気の夫婦が言葉少ななのも素敵で、
見事な空気感でした。

夏の客は失恋した若い女。
スタイル抜群の美男美女がたまたま居合わせるとか
しかも最初はイメージ悪くて…とか、
出来すぎ、わかりやすすぎ。。。

沖縄に行くはずが北海道に来ていて、
沖縄土産がないとまずいって探す…。
「今時どこにでもあるでしょ!?」って、
だったら帰ってから東京のアンテナショップでも行けよ。。。
ネットで注文でもしろよ。。。
雰囲気作りたいのはわかるけど旅先でしか買えないなんて
設定が昭和的すぎるかな。

帰りはバイクに二人乗りして、
キャリーバッグを片手に持って転がしながら走りだす…
ビックリしてキュンとするのも忘れてしまいました(笑)
絶対危険です!!!
でも次のカットでは後ろに括られていました。
気づいてくれたんですね。

秋の客は親が離婚してしまって母親に置いていかれてしまった少女。
内容的にはさほど盛り上がりはなかったけど、
わかりやすく素敵な展開だったし、
短編的なことなので飽きずに楽しめました。

冬の客は阪神淡路の震災で家業も娘も失った老夫婦。
若干芝居じみてる感もありましたが
短い中にもすごく起伏があって、感動もしました。

北海道の緑がいっぱいのところにある民宿カフェ。
パンを焼く窯が外にあって、雨や雪のときはどうするんだろう?って
気になって仕方なかったです。
なのに冬のシーンでは窯入れがばっさりカットされていました。
残念です。

夏から秋になり冬になり春がくる、景色の変化や、
使う食材の変化なども見応えあって素敵でした。

お客さんはワンシーズンに1組の訳あり客と、
常連さんなので現実的な感じはしないけど、
静かでのんびりした暖かい空気が流れてる
素敵なお店と素敵な景色でした。

リアリティがないのは生活感だけではなく、
地元の人達が訛っていないこと。
訳あり老夫婦は中途半端な関西訛りで話しているのに…。
素敵な雰囲気に北海道訛りはダメなんですかね(苦笑)

なにはともあれ、ふんわりもできるし、
終盤は結構泣けたし、軽い感じで観れるかと思ったけど、

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

りえと尚夫婦は、東京から北海道の
月浦に引っ越し、カフェ「マーニ」を開店する。
夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは
妻の担当で、いつも季節の食材を使った料理が
テーブルを彩っていた。
そんな「マーニ」には、事情を抱えた客たちが
店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな
心が軽くなっているのだった…

時間:114分
製作:2011年・日本
監督:三島有紀子
出演:原田知世 / 大泉洋 / 余貴美子 /
   森カンナ / 平岡祐太 / 光石研 /
   八木優希 / 中村嘉葎雄 / 中村靖日 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
スポンサーサイト
| - | - |  | 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック