<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
マイ・バック・ページ
さすがに独特な時代すぎてついていけなかったです。。。
ノンフィクションとはいえ山がないのは残念。

1969年っていう文字が出た時に『69-sixty nine-』を思い出しました。
やっぱり場所や年代が違うだけでも世界が違うんだなぁと。

映像にレトロなフィルターをかけているので雰囲気がすごくあります。
今だから表現できるあの時代の背景もあると思うので
ただ単に古い作品と変わらないものではないと思いますし、思いたいです。
なにか意味があってこのタイミングなんでしょうか?

主演が違っていたら観てなかったと思います。
単純に好きな俳優ベスト2がW主演てだけで選びました。
その点では十分に楽しめました。

学生運動を扱った作品って結構あるけど、
さすがにこの感覚はこの時代を生きた人にしかわからないんだろうなぁと思います。
面白いとかつまらないとかではなく、
観ていてそのテンションに同調できないのです。
この時代はこんなでした〜っていうのはわかるんだけど、
そもそも作品のスジがまったく見えませんでした。
人気俳優をW主演にするなら、
この時代を知らなくてもわかるような作品にして欲しかったです。

2人でギター1本で歌うシーンはかっこよかった!
運動やる前は音楽やってたって言った瞬間
「クラウザーさんか!?」って思っちゃって…全然集中できてない証拠。。。

全体的にナチュラルを狙っているのか、ボソボソしゃべることが多くて、
聞き取れないことがたまにありました。

この作品のちょっとしたラブシーンは演出がよかったです。
「ノルウェーの森」は吐き気がして見てられなかったけど
逆光でよくわからない感じ、息づかい、妙に色っぽかったです。
とはいえ、色気のある展開ってわけでもないのですが。。。

ラストの泣きの長回しシーンも素敵なんだけど、
申し訳ない…感情がわかりにくいです。。。

まぁ2人の主演作品を1つ消化した!って感じです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

全共闘運動が最も激しかった60年代後半、
週刊誌編集部で働く記者・沢田は、
日々活動家たちの取材を続けていた。
ある日、梅山と名乗る男から
接触を受けた沢田は、武装決起するという
梅山の言葉を疑いながらも、
不思議な親近感と同時代感を覚えてしまう…

時間:141分
製作:2011年・日本
監督:山下敦弘
出演:妻夫木聡 / 松山ケンイチ / 忽那汐里 /
    石橋杏奈...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
スポンサーサイト
| - | - |  | 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック