<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
るろうに剣心
とっても残念。。。
雰囲気はいいし、強固な土台もあるのに、
オリジナルの展開がつまらない。
ダラダラして、目的や行き先がわからないようなストーリー、
なんともワクワクできず、面白くない。

やはり剣心はアニメで見よう。

まずやっぱりヴィジュアル。
十字傷が目立たなすぎなのは残念。
あれじゃ落書き…。
実写で赤毛は無理があるだろうからせめてもの茶髪はまぁセーフ。
伝説の人斬りなのに華奢で小柄なのは完璧でした。
動きもキレがあるし佐藤健くんで良かったと思います。
原作へのリスペクトが見られた気がするし、
不自然ではなく似せようという意識が高いのがわかりました。
剣心独特のとぼけた言い回しや「おろ?」の言い方なんかもすごく自然でした。
原作を未見の人には逆に不自然なんでしょうが(苦笑)

発表時に話題になっていたけど、確かに恵が優ちゃんなのは理解に苦しむ。
もっと大人っぽくて色気もあっておねぇさん的なSっ気のある女優なんて
いくらでもいるだろうに…。
理解はできないけど、優ちゃんのインタビュー記事を見て強い気持ちに感動しました。
原作に似ていないと言われたのは「ハチクロ」のときもそうだった、
でも真似をするのではなく、その役を演じるんだって、そんな内容だったと思う。
まさに似ているかは別として恵という女性を好演していたと思いました。

似てる似てないからしたら、私的には薫の方がはるかに違和感ありました…。
恵の髪型はしっかりイメージをつくっていたけど
薫の髪型はひどかった。
顔に張り付いたような前髪が1番気になりました。。。
はっきりいって一度もアニメの薫を彷彿とさせることはなかった。
男勝りで勝気な感じも中途半端だったし。

アニメファンとしてはやはり再現されている部分にワクワクします。
ストーリーはオリジナルだけど、
ロケーションやセットやカメラワークもよかったです。
アクションも大胆な動きで見せ方も良く迫力がありました。

サノはさすがにコスプレ感が強かったかな…。
あと、少し大人過ぎるような…。
弥彦は似せる感じもなかったし、キャラが全く立っていなかった。。。

武田観柳役の香川さんがホントに苦手でした。
作り込みすぎてて…怪演とでも言われたいのかなって違和感…。

ストーリーははっきりしない印象でした。
アニメでも100話をゆうに超える作品だったものを
まとめてオリジナルにして2時間、その割にダラダラしている感じもしました。

戦闘がメインになっていて、渋さを全面に出していたけど
もっと平和な日常のシーンを入れてほしかったし、
淡い恋心もしっかり見せてほしかった。

イマイチっていうのが正直なところだけど、
ラストシーンはジーンときました。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

幕末から明治になり、
かつて「人斬り抜刀斎」として恐れられた
剣客・緋村剣心は「不殺(ころさず)」の誓いのもと
流浪人となっていた。
流浪の旅の途中、剣心は神谷道場の師範代
薫を助けたことから、薫のところで居候することに。
一方、街では「抜刀斎」を名乗る人物による
人斬り事件が発生しており……

時間:134分
製作:2012年・日本
監督:大友啓史
出演:佐藤健 / 武井咲 / 吉川晃司 / 蒼井優 /
    青木崇高 / 綾野剛 / 須藤元気 / 田中偉登 /
    奥田瑛二 / 江口洋介 / 香川照之...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
所詮アイドル映画だろうと思って甘くみてたし、
観たいとはあまり思っていませんでしたが、大泉さん目当てで鑑賞。
ハードルが低かったせいか結構ヤキモキせずに観れました。
つまらん!とも思わなかったし、最後まで飽きることも(ほぼ)なかったです。

ドラッカーだマネジメントだと難しそうですが、ただの青春ティーンムービーでした。
アイドルの演技は見れないほどではないし、
若い子たちの中に大泉さんが入っていたのが起伏を与えていて良かったです。

ただ、アイドルの歌が流れ出すと一気に冷めました。
所詮ファン向け感がいっぱいになるんですよね…。

あまりにも展開がいいのは不自然すぎかな。
奮起するのもいきなりすぎるし…監督がいきなり熱くなるのも。

マネジメントの中の文章をテロップで出すなら
もっと凝った出し方にしてほしかったです。
教則ビデオじゃあるまいし。
あと、青木さんのシーンはいらなかったな。

私的には野球への関心が皆無なので、
サッカーだったらかなりハマったんじゃないかなって感じです。
実際試合のシーンとか、楽しめないというか、生理的に拒絶反応が…。

不治の病の少女、ベタすぎて感情的には見れませんでした。
その後の主役さんが自暴自棄になるシーンなんかはもう最悪。
クサ過ぎて鼻つまみそうになりました(笑)

クライマックスで主役さんがかつて使った戦法を用いたのは感心でしたが、
ミュートのスローモーションは冷めました。というか笑ってしまいました。。。
ラストシーンを完全にAKBに絞ってしまったのもガッカリ。
ED曲がスタートしてまたガッカリ。
いくらなんでも青春野球を見せられた後にカチュ〜シャ〜♪って
合わないにも程がありますよ…。
ファンでなければ離席してしまった人もいるでしょうね。。。
本当のラストにあたる、部員が駆け寄ってきて客席に挨拶に行くシーンを
見逃した人もいるんじゃないかと思います。

アンチとかじゃないです、興味も特にないです。(疑問に思うことはよくありますが)
好き嫌いは無関係に、このED曲では作品壊れますよ。もったいないです。

意外と感動して泣いたなんてレビューも見たんですが…
どこらへんで泣いたんでしょうか?
終始淡々と観させていただきました。。。
唯一ウルッときたのが監督が最初に声を荒げたシーンかな。

まぁ、ファンの方にはいいんじゃないですかね。
恋愛エピソードも無いですし、死ぬ役もメンバーじゃないですし(苦笑)

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

病床の親友、夕紀に代わり、
甲子園の予選であっさり一回戦で敗退した野球部の
マネージャーをすることになった女子高生のみなみ。
しかし、エースの浅野をはじめ、
部員の大半は練習をさぼって遊び放題。
途方に暮れたみなみは、
マネージャーの仕事について書かれた本を
探すことにする…

時間:125分
製作:2011年・日本
監督:田中誠
出演:前田敦子 / 瀬戸康史 / 峯岸みなみ /
    池松壮亮 / 大泉洋 / 川口春奈 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
もう少し可愛い感じかと思ったけど、
可愛さとヘビーさが極端で入り込めつつも唖然としてしまいました。

要所要所ではおもしろい気がしたのは確かなんだけど、
終わってみて、イマイチ気分が良くない。。。
世界観すぎるのか、理解力の問題なのか…スッキリしなかったです。

かなりポップなインテリアだったり、
すごくファンタジックなシーンは可愛いんだけど、
マーちゃんが壊れた時とか、誘拐事件の回想シーンは、
結構痛々しく生々しい雰囲気があって怖かったです。
特に幼女期まーちゃん役の子役さんリアルでお上手でした。

ロックTシャツを着て診察室?にギターや音響機器を揃えている
精神科女医(京香さん)にはなかなか興味湧きましたが、そのへんは放置で(苦)

刑事役?の田畑さんが結構光っていたと思います。
光ってたというか、、、ある意味くすんでたというか(笑)
ちょっとヤサグレた感じの雰囲気で関西弁が似合ってました。
でも、彼女のポジショニングもイマイチっていうか、、、

大政さんの壊れてるなぁって感じの笑顔可愛かったです。
なんというか、壊れてるなぁって。

ストーリー的にちょっとわかりにくいです。
ちょっと面倒臭いです。。。
もう少し「え!?」って思わせてくれてもいいと思うし、
完全に大どんでん返しにしてくれてもいいと思うし、
なんかよくわからないまま展開していったので連続殺人事件とか、
なに?って感じになってしまいました。。。

楽しみどころをつかめずに終わってしまったのかな。
もう1回観てみようと思う。(…嘘だけど)

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

まーちゃんこと高校2年生の御園マユは、
キュートな容姿とは裏腹に壊れた心を持つ少女。
幼い頃に、誘拐監禁事件の被害者となり、
以来重たいトラウマを抱えてしまっていた。
ある日、マユのマンションに同事件の被害者でもある
幼なじみのみーくんが姿を現わす。
喜ぶマユだったが、
一人暮らしのはずの彼女の部屋には、
行方不明になっていた小学生姉弟の姿が。
そんなマユを守るべく奮闘するみーくんだったが…

時間:110分
製作:2010年・日本
監督:瀬田なつき
出演:大政絢 / 染谷将太 / 鈴木京香 / 田畑智子...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
NECK[ネック]
ジャケ写のポップなイメージに賭けてみましたが
中身はB級ホラーで、こんなカラフルさのない作品でした。。。

何しろ最悪なのがセリフ。
相武さんと平岡くんは微妙に出所不明なような変な方言を使っていて
すごく耳馴染みが悪く、不自然すぎて違和感の塊でした。

カメラアングルや映像の質感はすごく良かったと思います。
暗いシーンが暗すぎず、すごく見やすくしていたのは高評価です。
緑目の人形も怖いというか、いい造形でした。
…ポップな衣装は似合っていませんでしたが。。。

キャラクターだけでも十分濃いのに無駄にコミカルにしてるシーンは
低レベルになるだけでマイナス要素でした。

ストーリーは広がりが全然ないけど、
ブレずに分り易すぎるほど分かりやすくて、
誰でも分かるそのままのオチだったのでガッカリ感とかはないけど
意外性もないです。

コラボだったのかグル〜ミ〜が出てきてビックリしました。
可愛かったです。

ラストはいい感じに終わっているので後味は悪く無いです。
面白かったなぁとも思いませんでしたが…。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

生まれて初めて恋をした大学生の首藤友和。
恋の相手は誰もがあこがれる女の子、真山杉奈。
勇気を振り絞って告白した首藤は、
杉奈の研究室に呼ばれる。
そして、大きな木箱“ネックマシーン”に入れられ、
首だけを出した状態でホラー映画を見させられるが…

時間:96分
製作:2010年・日本
監督:白川士
出演:相武紗季 / 溝端淳平 / 栗山千明 /
    平岡祐太 / 佐藤二朗 / 渡部豪太 /
    小松彩夏 / 河西智美 / 細川茂樹 / 板尾創路 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
おとうと
つまらない作品ではなかったですが、取り立ててよかった〜とは思えませんでした。
終盤は確かに泣けたけど、、、やはり世代的に幅は狭いかなといった感じです。
親にすすめるにはいいかなという作品。
それでも2世代、男女を揃えていて、私的には娘の立場で観れたのでセーフでした。

もちろん優ちゃんが出てるというポイントしか私にとっては魅力がなく、
観終わってもなお、そこがすべてだったのは残念です。

いわゆる"吉永小百合"を別格に感じる世代の方が観たら感想は違うのかもしれませんが、
ハッキリいって台詞回しの硬さ、違和感がハンパなかったです。
そこに合わせているのであろう優ちゃんもいつもとだいぶ違っていました。

ストーリー的には"超普通"。
親戚に1人はいる感じの厄介なおじさん。
おそらくそこも親近感で魅力なんでしょうが、映画で観ることもないかなと。
縁を切りたいほど避けていてもいざ死ぬとなると一転…っていうドベタ感。
よく出来ていて感動的ではあったけど、
冗談じゃないな、キレイ事だ…と言いながら泣いていました(笑)

優ちゃん演じる小春がなんであの医者と結婚したのかが
まったく見えなかったのはズルイ気がしました。
素敵な恋愛の末とは到底思えない相手だったので…。
それとも再婚のお見合いを避けてたのは1回目がお見合いだったからか??

優ちゃんと加瀬くんのシーンはホントによかったです。
すごく可愛くて安心して気持ちよく楽しめました。

単純にあの弟のキャラクターがホントに苦手なタイプだったので
観てて楽しくはなれませんでした。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

東京で薬局を営む高野吟子は、
夫を早くに亡くし、女手ひとつで
一人娘の小春を育ててきた。
その小春もエリート医師との結婚が決まり、
喜びもひとしお。
ところが式の当日、音信不通だった
吟子の弟、鉄郎が突然現われた。
酒癖が悪く、たびたび問題を起こしてきた
家族の鼻つまみ者。
周囲の心配をよそに、またしても酔って
披露宴を台無しにしてしまう鉄郎だったが…

時間:126分
製作:2009年・日本
監督:山田洋次
出演:吉永小百合 / 笑福亭鶴瓶 / 蒼井優 /
    加瀬亮 / 小林稔侍 / 森本レオ / 茅島成美 /
    田中壮太郎 / 笹野高史 / 中居正広 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
 [ 1 / 12 Page ] 次のページ>>