<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
神様のカルテ
続編決定という話題でようやく観る気になりました。
テーマ的にもちょっと重い感じがして、なかなか手を出せずにいました。

私的にはとにかくあおいちゃんが可愛い!もうそれだけで大満足です。
独特の世界観のある人達で、おっとりとしていて、
衣装もメイクも凄くナチュラルで可愛いです。

普段あおいちゃんのこと『篤姫』以来"姫"って呼んでいるので
作品中で「姫」って呼ばれていてなんだか嬉しかったです。
正直野暮ったい感じの男たちに囲まれてホント姫。

最近すっかり可愛い奥さん役が板についてきましたね。

主役がすごくおっとりとしていて、文学世界の言い回しで
キャラ的に面白いけど、ダラダラ感が続くのは否めません。

患者さんのことで泣けたりするのかなと思っていたけど、
中盤で最初の感動はまさかのプライベートシーンでした。
共同生活をしている住人との別れのシーンが
異常なほどにドラマチックに描かれていて、泣けました。

でも感動に包まれたシーンなのに
長野特有のバンザイが繰り広げられて思わず笑ってしまいました。

病院のシーンは意外と地味で、静かな感じでした。
ここ2クール、立て続けにドラマチックな緊急事態が起きるような
医療ドラマを観てるので一段とそう感じた気がします。

1人の患者に肩入れしすぎてるという設定とはいえ
最後を迎えるまでじっくり感情を入れさせようという狙いなのか
じっくりゆっくりすぎてちょっと退屈。
俗にいう中だるみ。

加賀まりこさん演じる患者さんが亡くなり、
ベタな演出ではあるけど残していた手紙が加賀さんの声で読まれて
ようやくジワーっときました。
とはいえ号泣って感じではなく静かな感動でした。

ラストはご懐妊の報告だったけど、
なんか、やわらかな愛が垣間見えるものの、不思議な空気感の夫婦だったのに
やることやってんだなって下世話な感想をもってのラストになってしまいました。

2はハルさんの出産ですかね!

エンドロールでちょっと驚きました。
てっきり完全長野ロケかと思ったら群大付属病院だったんですね。
櫻井さん帰郷って感じですか(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

自然あふれる長野・松本の本庄病院で、
内科医として働く栗原一止。
24時間365日体制で医師不足の
問題を抱える病院で、
前向きな職員たちと共に診療をこなす
一止にとって、最愛の妻・榛名らと
語らうことが日々の楽しみだった。
そんなある日、一止はある患者と出会い、
人生の岐路に立つこととなり…

時間:128分
製作:2011年・日本
監督:深川栄洋
出演:櫻井翔 / 宮崎あおい / 要潤 /
    加賀まりこ / 池脇千鶴 / 朝倉あき / 岡田義徳...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
テルマエ・ロマエ
もともとストーリーが面白いのに、シュール狙いなのか
品の無い無駄なネタやギャグを入れてくるのが冷めました。

平たい顔族の文化に触れるシーン、
それを再現したシーンをメインにしないのはかなりもったいない。

はっきり言って人間ドラマシーンなんて軸作りだけでいいんです。
せっかくの楽しい、私の大好きなテルマエが別物になっていました。

私はアニメ版の大ファンです。
(まだ原作は読んでないんですが…。)
アニメのシュールさやコミカルさとはだいぶ違くて残念でした。
そのまま実写化してほしかったな…。
ロケーションやセットや衣装などはしっかり作り込まれてるだけに惜しいです。

平たい顔族も個性的なキャラクターばっかりにポイントをおいていて、
魅せるべき部分がズレている感じでした。

アニメで出てきた猿の露天風呂は期待していたのでオールカットは残念。
さすがにリアルに動物は無理だったか(笑)
猿が出てきたときはちょっと期待してしまいました。

人間ドラマはあまり気持ちが入りませんでしたが、
ローマのラストシーンはまさかの結構感動でした。

キャスティングも冒険していて、かなり期待していました。
しかしアニメで見たときのような爆発的な面白さは感じられず、残念でした。
無理して映画的にしてしまったのかな…。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

古代ローマ、アイデアが行き詰まり
失業した浴場設計技師のルシウスは、
友人に誘われた公衆浴場で
タイムスリップしてしまう。
たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。
そこには「平たい顔族=日本人」がいて、
彼は漫画家志望の真実と出会う。
ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、
そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り
一躍有名になっていくが…

時間:108分
製作:2012年・日本
監督:武内英樹
出演:阿部寛 / 上戸彩 / 北村一輝 /
    竹内力...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
まほろ駅前多田便利軒
この作品、続編はテレビドラマ化っていう、
よくあるドラマから映画っていうのとは逆パターン。
龍平目当てっていうのはデカイけど、そっちも楽しみです。
連ドラなのか、単発なのか知りませんが、1仕事ごとに1回とかにすると
たるみそうなので、映画で2の方が良かったかな。

やっぱり龍平たまらないです。
今や不思議ちゃん脱力キャラをやらせたら右に出る俳優はいませんね。
セリフ回しの可愛さは天下一品です。
「じゃぁオレのことは捨てちゃうの?」ってズキューーーン!!!!!(笑)

とりあえず外せないのは、瑛太の「なじゃあこりゃぁぁあああ!!」に
なんとも言えない顔をして「誰?全然似てない」が抜群に面白かったし
とにかく可愛かったです。
よくやらせたなぁ(笑)
というか、やったのは瑛太だけど…。
あと龍平に丸サングラスとか、ぶっこんでくるなぁ。
お父さんとは色が違ったけど…。

病院の屋上での龍平の笑い声が翔太にそっくりでビックリしました。
いやぁ兄弟だねぇ(笑)

監督は大森立嗣さん。
演者の中には父親の麿赤兒さん、弟の大森南朋さんもいます。
正直、大森南朋さんなんて、ちょっと贅沢な使い方というか、
あまり見ない役どころで、大森監督ならではかもしれません。

内容は結構シビアだったりしますが、
いちいち面白いポイントを入れてくるので、結構クスクス笑えました。
でも正直、話が入ってきにくいところもあったかな。
終盤は笑い抜きでシビアになっていったりしたので話に引き込まれました。
過去があってのいろんなことだったんだなぁっていうのもわかったし。
ちょっと面白いくらいに捉えていたチワワが震えすぎじゃないかとか…。

便利屋という設定なので、簡単なものから訳ありさんまで、
自然にいくつでもネタは組み込めるので飽きませんでした。
点と点が意外と線だったりするのもネタが分散されすぎなくてよかったと思います。

面白かったし、龍平が可愛かったしで良かったけど、、、
あぁいい作品だった〜!!ってわけではないかな。。。
地味なのでね。
でも、その落ち着く地味さがハマる人は絶対いると思います。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ

【あらすじ】

東京郊外のまほろ市で、
便利屋を営む、しっかり者の多田啓介。
そんな多田のもとに、風変わりな同級生、
行天春彦が転がり込んできた。
1晩だけのはずが、行天は一向に出て行かず、
多田はしぶしぶ便利屋の助手をさせることに。
多田便利軒を訪れるのは、
まほろ市に住むくせ者たちばかりで、
やっかいごともしぶしぶ請け負っていたが、
やがてある事件に巻き込まれていく…

時間:123分
製作:2011年・日本
監督:大森立嗣
出演:瑛太 / 松田龍平 / 片岡礼子 / 鈴木杏 /
    本上まなみ瑛太 鈴木杏 本上まなみ / 岸部一徳 /
    松尾スズキ / 高良健吾 / 麿赤兒 / 大森南朋...

comments(0) | trackbacks(0) |  | 
恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜
舞台の映画化ということで、不思議な演出もあったり、
場面が限られていたり狭さを感じましたが、ある意味では面白かったと思います。

クスッと笑えるところがこれでもかで入れてあるし、
恭子ちゃん可愛いし、面白かった気もするのですが、
劇中劇というか、劇中のシナリオが「本気ですか?」ってクオリティで、
かなりくだらなかったです。

主演の二人は面白い演技してたし、塚本くんもよかったと思うのですが、
どうもコメディ色を強めようとしてる西村さんとか
作品の安っぽさを強めていて残念でした。

もっとポップさもあって可愛い感じかと思ったら意外と暗かったです。

ラストは予想通りで、先に決めゼリフを口走ってしまいました(笑)
だけど、いきなりな展開すぎてトキメキませんでした。
完全なる吊り橋効果でしょう?恋に落ちてる感ゼロでした…。

恭子ちゃんは、専業主婦探偵だったりこの作品だったり、
ちょっとコミカルで周りを振り回すような可愛い女の人役が
板についたのかなって感じがしたし、あんまり大人の女っぽいのより
可愛い女の人を極めてほしいなぁって思います。

冷静に思い返せばくだらなかったです。
でも、なぜか観ている間はすごく楽しめました。
展開や構成が上手だったんだと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

あるテレビ局のスペシャルドラマの台本を
執筆中の人気脚本家・谷山真由美は、
締め切りを過ぎても1行も書けない
スランプに陥っていた。
テレビ局は、さえない制作プロデューサーの
向井を彼女のもとに送り込む。
「何でもするから脚本を書いて」と懇願する向井に、
谷山は「わたしと恋に落ちて!」と迫るのだった…

時間:106分
製作:2010年・日本
監督:鴻上尚史
出演:深田恭子 / 椎名桔平 / 塚本高史 /
    中村雅俊 / 清水美沙 / 西村雅彦 / 井上順 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
なんなんだろうなぁっていうのが終始ありますが、絶妙に楽しかったです。
水川さんはすごく水川さんらしい役どころで、ちょっと冷め切ってる感じが
下手したらやかましくなりそうな作品を落ち着かせていて見やすかったです。
竹野内さんは(あまりよく知りませんが)イメージ一新で、
ちょっと馬鹿っぽい感じの旦那さん役が嫌味なく、好感が持てました。

わかりやすくいうと、荒川良々系作品(笑)
良々さんの出演シーンは際立って濃かったです。
トロ〜っとしたユルさがあって、脱力したい人におすすめな感じです。

特に山はありません、オチもありません。
地獄に行きました、帰って来ました。っていうストーリーです(苦笑)

トイレのシーンは思わず笑ってしまいました。
地獄なのにTOTOって、まさかのネタでした。

地獄の様子もハッキリとは見せないので、
何が起きてるの?って感じは強いです。

ちょっと無駄に時間使ってるんじゃないかなぁってくらいのユルい間が
ちょっと気になりました。
明確なストーリーもないのに2時間作品ですから。。。

終わってみて、面白かったなぁと思ったけど、
よくよく考えたら何が面白かったんだろう?って感じもするし、
騙されたような気分になりました。
ある意味体感型で、見たことない世界を見て帰ってきた感じかなと。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

新婚なのにもう倦怠期といった様子の
大木信義と妻の咲。
新居に引っ越してみたものの、
気持ちが盛り上がるわけでもなく、
些細なことで痴話喧嘩が絶えない始末。
そんなとき、2人は近所のスーパーの
怪しげな占い師の勧めで、
1泊2日の新婚‘地獄’旅行(温泉付き)に行くことに。
‘地獄’で2人は、奇妙な人々と
不思議な出来事に遭遇し…

時間:122分
製作:2011年・日本
監督:本田隆一
出演:竹野内豊 / 水川あさみ / 樹木希林 / 片桐はいり / 
    荒川良々 / 柄本明 / 鈴木福 / 橋本愛 / 山里亮太...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
 [ 1 / 13 Page ] 次のページ>>