<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
フローズン
涼しくなれそうだなって選んでみたけど、
これは真冬に観た方が体感系で楽しめるかもです。

リフトを止めるきっかけになるキーワード"3人が下りてきたら"っていうのが
すごくわかりやすくて、感心して、楽しめそうな気がしました。
乗った段階で女の子は腹ペコを訴えてるっていうのも
これから吹雪になるぞーっていうのも、
ホントにわかりやすく話して説明してくれるので、
これからその辺も大変なんだろうなぁとかワクワクしました。
ちなみに腹ペコのくだりは一切ありませんでしたが(苦笑)

ポイントは、このスキー場の営業が週末のみってこと。
日本では有り得ないかな?
一晩我慢するだけなら助かったのが1週間も人が来ない、大変!って作品なのです。

正直、テンパッてギャーギャー言っているのが段々イラついてきます。
うるさいのが苦手な人にはお薦めできません。。。

どこを取ってもお馬鹿すぎる3人組です。
これがもう少し大人だったら質の違う作品になっていたと思います。

リフト代をケチッたり、もう終わりだって言ってるのにリフトに乗せてもらったり、
もうこの段階で自業自得。
リフトから飛び降りて助けを呼びに行くと言ったまでは良かったが、
まさかの垂直跳び。
ちなみにジャケ写のシチュエーションは劇中にはありませんでした。

マナー講座と危険行為講座と危機回避講座のダメな例には
持ってこいです!!(笑)

オオカミの演出はちょっとズルイです。
やっつけって感じ。
ぬいぐるみじゃなかったのが唯一の救いでしたが。
オオカミさえいなかったら致命的な展開もなかったし。。。

バーに手が引っ付いてるところなんかは結構イタタタって感じだったけど
剥がした後の傷口は微妙でした。。。
この辺も低予算が故なんでしょうか…。

とりあえず、スキーウェアは着てるんだから、
上までファスナーを閉めたほうがいいのでは?
…映画だから顔が見えなきゃマズイのか(苦笑)などと
ひとしきりツッコミを入れることになります。

リフトが止まった吹雪の夜の翌朝、
ペラペラとしゃべれる元気はちょっとリアリティを疑いました。
実際どの程度の凍傷になるかとか、どこがやられるかとか、わからないけど、
笑顔で談笑したり、足をブラブラさせたり、
そんなもんなのかな?って。

2回目の朝?にラッキーで着地できた女子の前に再びオオカミ!
週末はいないのに平日は昼夜問わずですか…。
見張り担当なのか伏せ状態のオオカミに思わず「カワイイ」って言っちゃいました(笑)
後ろでは他のオオカミが人を食ってるシーンなのに。

馬鹿連中がスキー場に来て、無理矢理リフトに乗って、停止されて放置されて、
下りて食われるもしくは下りて助かる、それがこの作品の一部始終なので
あまり展開はなく、そんな時の人間観察的な要素も大した内容ではなく、
もともといい印象のない人達なので、どうでもいい感が出てきてしまいました。
こんな馬鹿連中の設定ではなく、絶対生きて帰ってほしい人を設定すべきでしょう。

食われて涙が出るような、会話の内容でも涙が出るような、
助かって涙が出るような、
そんな気持ちを抱ける登場人物が必要だったと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

ノー天気な3人の若者ダン、ジョー、パーカーは、
日も沈み閑散としてきたスキー場で
最後にもう一滑りしようとリフトに乗り込む。
ところが、彼らに気づかなかったスキー場の係員が、
全員帰ったと勘違いしてリフトを停止してしまう。
3人は地上はるか15メートルの場所で
頼りなく揺れるリフトに取り残されてしまったのだ。
照明も落とされ、気温がどんどん低下していく中、
徐々に事態の深刻さを痛感していく3人だったが…

時間:93分
製作:2010年・アメリカ
監督:アダム・グリーン
出演:ケヴィン・ゼガーズ / ショーン・アシュモア /
    エマ・ベル...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
ガフールの伝説
CG・VFXはホントに素晴らしいです。
映像もすごく迫力があって壮大でした。
しかしやっっぱり、3D専用作品というイメージです…。

3Dの予告を観たときは今までで1番3Dらしい作品だなぁと思いました。
2Dで観ても専用と思われるシーンが凄く多いです。
私が3Dでいまいち微妙だと思っていた戦闘などの高速シーンも
あえてスローにしていたり、工夫が見えました。

3Dなら相当ごまかされてしまうのであろう作品自体の出来は、、、
非常に単純で、読み聞かせてた話は本当だったというストーリー通り
子供向けの絵本って感じでした。

市原くん作品ってことで、吹き替えで観てみましたが、
正直かなり浮いていて、、、残念。
舌っ足らずでフクロウの口元には合った声な気もしましたが(笑)
市原くんと海荷ちゃん以外は本職さんばかりかな?
キャラクターにすごく合ったいい声で、観やすかったです。
特にダークサイドに飲み込まれた兄クラッドが幼い妹を陥れるシーンなんて
声の演技が最高でした。

なんといっても、最後までフクロウに愛着がわかないっていうのが残念。
私がフクロウならワクワクできたかも(苦笑)

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

世界征服をたくらむ純血団との
戦いに挑んだガフールの勇者たちの
伝説に夢中な若きフクロウ、ソーレンだったが、
好戦的な兄のクラッドは
そんな弟を見下していた。
ある日、木の上の巣から落ちた
クラッドとソーレンの兄弟は、
純血団に捕らわれてしまう。
ソーレンは勇気ある友の助けを借り、
決死の脱出を試みるが…

時間:97分
製作:2010年・アメリカ
監督:ザック・スナイダー
声出演:市原隼人 / 川島海荷 / 宮田幸季 /
     茶風林 / 浪川大輔 / 永井一郎...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
アーサーと魔王マルタザールの逆襲
今回の作品は最終章へのつなぎ程度の内容になっていて、
前作のキラキラ感がまったくなくなっていて、
かなり残念な出来でした。
というより、これを1つ挟まなくてはいけない理由がわかりませんでした。

前作は★10なのに今作は★3・・・ひどい降格です。

1時間半の作品で、いざミニモイの国に行くまでに1時間・・・。
実写パートも面白いからいいんだけど、
ネタがあっての作品ではないのかなって気づいてしまいました。。。

相変わらず映像の迫力はすごくよかったです。
迫ってくるスピード感、そのときの振動など、すごく体感型でワクワクしました。

あれ?セレニア王女ってこんなおばちゃんだったっけ??って一瞬引きました。
なぜか王女だけ魅力に欠けます。。。

前作は10歳だったアーサーが12歳になって
ちょっと大きくなりましたってことなんだけど、
また懲りずに吹き替えで見始めたらあまりにも神木くんの声が違和感あって
前回同様、字幕で楽しみました。
日本でリメイクするとして神木くんだったら似合うけど、声だけとなると別物。

この作品で見せたかったのは終盤のMが地上に出るというシーン。
アーサーはミニモイの国に行くとCG化され、ヴィジュアルが一変するんだけど
なぜかマルタザールはCGキャラのまま地上で大きくなり・・・
面白い光景ではあったけど、つじつまというか、設定がよくわからなくなりました。

早く最終章が観たいです。
いい作品を期待。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

ミニモイの国の扉が開き、
大好きな王女セレニアと再会できる
満月の日を心待ちにするアーサーのもとに、
「助けて!」と書かれた米粒が届く。
これはミニモイからのSOSなのか?
魔王マルタザールの脅威が再び
ミニモイの国に襲い掛かる中、
ミクロになったアーサーと宿敵マルタザールの
最後の戦いが幕を開ける…

時間:93分
製作:2009年・フランス
監督:リュック・ベッソン
出演:フレディ・ハイモア / ミア・ファロー /
    ローガン・ミラー ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
ナイト&デイ
ごく単純に、つまらなかったです。
すご〜く古臭くて、ぜんぜん引き込まれないストーリー、
状況がぜんぜん伝わってきませんでした。

前半はなんとなく面白いんじゃないかなと、いい流れに乗っていたのですが
気づいたら中盤、飽きたなぁ・・・って。
後半は、で、この人たちは何してるの?って感じでした。

設定が微妙なのかなぁ・・・。
主演2人で観れてる程度な気持ちで観ていました。
ただそこに関しても新鮮さはなく、、、
でもかっこよかったし、かわいかったと思います。
水着シーンとか、観てて切ない気分になったのは私だけでしょうか。。。
起きたら水着っていうオイオイなシーンをちゃんと説明するのは面白かったし
え〜っと思っているタイミングでセリフが来たので気持ちよかったです。
カブセで来る感じもベタだけどかわいくてよかったと思います。

もっとターゲットがわかりやすいものだとよかったなぁ。

ところで、牛追いのシーン、何であんなに安っぽいんでしょうか?
全体的に派手なアクションを終始入れている割に
あまり迫力がなく、妙にチープに感じました。

気にはなってたけど、観なくてもよかったかな。。。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

理想の男性を追い求める
平凡な女性ジューンは、
ある日、空港でハンサムな男性と
運命的な出会いを果たす。
だがその男の正体は、
ジューンが夢に見た理想の男性どころか、
重要任務を帯びたスパイだった。
予想外の裏切りや暗殺者による
執拗な攻撃など、
何度も危険な目に遭遇するジューンは、
ミステリアスなロイに疑念を抱き始める。
そして彼の背後には、
巨大な組織の陰謀の影が…

時間:109分
製作:2010年・アメリカ
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:トム・クルーズ / キャメロン・ディアス /
    マーク・ブルカス / マギー・グレイス /
    ピーター・サースガード ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
シャーロック・ホームズ
レトロなロンドンの街並みや、衣装や人々など、
世界観はホントに見事で、すごくナチュラルで素敵でした。
全体的に暗くてモノクロっぽい雰囲気も安っぽくなくてよかったと思います。

ホームズとワトソンも新生的なキャラがしっかりできていて、
2人の関係性もすごく面白かったです。
キャラクターの紹介作品としては完璧だったと思います。

でも、ストーリーにまったく魅かれなかったので全然ハマれなかったです。

個人的にホームズに固定観念や先入観は一切ないので
ゼロスタートで作品を楽しめると思っていたのに残念です。
予告では結構魅かれたのですが…。

ストーリーさえよければ続編は楽しみです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

19世紀末のロンドン。
ホームズの活躍で、巷を震撼させていた
連続殺人事件がみごと解決した。
邪悪な黒魔術を操り、若い女性たちを
毒牙に掛けてきた犯人ブラックウッド卿は
死刑に処せられる。
ところがほどなく、彼が復活したとの噂が広まり、
再び調査に乗り出すホームズとワトソンだったが…

時間:128分
製作:2009年・アメリカ
監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニー・Jr / ジュード・ロウ /
    レイチェル・マクアダムズ / マーク・ストロング /
    ケリー・ライリー / ジェームズ・フォックス / ハンス・マシソン...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
 [ 1 / 12 Page ] 次のページ>>