<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
ももへの手紙
笑えて泣けるすごく素敵な作品でした。

お店で出会った女の子が『千と千尋の神隠し』の千尋に似てるなぁと思って観てたら
作画監督が『千と千尋の神隠し』の安藤雅司さんだそうで。
結構ご立派な作品なんだなと(苦笑)

なんといっても背景画が素晴らしいです。
CGっぽいシーンもあるけど、水彩画のような手描きの風合いが素敵でした。
田舎の古い家の暖かみやちょっとカビ臭そうな感じなど、見事でした。
それに比べると人物が単純な線とカラーリングすぎてやや微妙。
でも身体のラインやバランスが凄くいいので見慣れてくると
すごく人間らしい味を感じられました。

ちょっと残念なのは背景はすごいのに真夏の暑さを感じられなかったこと。
日差しが弱いし、人物に光が足りないような。

あと、ももは東京から来たという割に都会の匂いがしなさすぎるかな。
妖怪たちはすごくユーモアある描画で可愛かったです。
さすがに声が西田さんと山ちゃんすぎたけど。。。
一番愛嬌のあるマメは『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムに似てるなぁと思ったら
声もゴラムの吹き替えの人らしいです。

ストーリー展開もすごくわかりやすくできていて、
笑える所はわかりやすくコミカルで、泣かせるもシーンもいいリズムで作ってある。
しっかりブロック分けされているので入り込みやすいです。

クライマックスで盛り上げたいのはわかるのですが、
台風の中、命がけで医者を呼びに行く…
それもこっちから行くって意味わからないけど、
それ以上に、バイクの後ろに少女を乗せていく意味はあるんですか??
俺が行ってくるから家で待ってなさいが正解だと思うのですが…。
しかもその後のことはキレイにカット。
まぁ、クライマックスですからね。。。

妖怪たちとお別れしてからも号泣でした。
本当に観てよかったです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

父親を亡くしたももは、11歳の夏に
母と2人で瀬戸内の小さな島へとやって来る。
彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた
父からの書きかけの手紙が遺されていたが、
その真意はついにわからずじまいだった。
ももは父親のことで胸がいっぱいで、
慣れない場所での新しい生活に
なかなかなじめずにいた…

時間:120分
製作:2012年・日本
監督:沖浦啓之
出演:美山加恋 / 優香 / 山寺宏一 /
    西田敏行...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
草原の椅子
完成試写会で観て来ました。
今回の最大の目的は主題歌を演奏するGLAYだったので
巨大スクリーンを4列目で見上げての鑑賞となりました(笑)

公開したら適度なスクリーンを適度な位置から
ちゃんと観たいなぁと思います。
でもまた観たいと思えるくらい素敵な作品でした。

西村さんの似非関西弁が若干気になったものの、
本当にみなさんいい演技をしていて、リアルで、
グイグイ引き込まれました。

予告を見ていた段階では、結構ヘビーなのかなと思ったし、
もっと上の人が観る方がハマる感じかなと思いましたが、
結構コミカルなシーンも入れてあったりして、
おじさん可愛いって感じるシーンが多かったです(笑)

全体的にキャストさん良かったけど、
本当に佐藤浩市さん、ピッタリだったと思います。

小池栄子さんの勢いがすごくて、ド迫力で怖かったです。
痛々しさとちょっとコミカルな感じが絡み合っていて
見やすくなっていたと思います。

ロケーションもすごく良かったです。
もちろんフンザでのシーンはすごかったけど、
自宅のシーンや飲み屋のシーンも好きです。
リアルな生活感が良かったです。

試写会の会場では結構笑いが起きていました。
そこ笑うとこじゃないんじゃないかなぁ…ってところでまで。。。
深過ぎないけど深みのある作品だと思います。
子供の一見可愛く見える仕草も、虐待に怯えての行動なんだろうなぁとか、
えっ?と思うシーンがいくつかあって気になりました。

会場ではジワーっと泣けた感じでしたが、
DVD化して、家で見たら号泣するパターンだと思います。

大好きなGLAYが主題歌ってだけじゃなく、
単純に素敵な作品です!とオススメできます。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

バツイチサラリーマン遠間憲太郎は、
50歳を過ぎて取引先の社長・富樫や
骨董店オーナーの篠原貴志子と出会い、
互いに友情を深めていく。
そんな折、彼らは母親から虐待を受けて
心に傷を負ってしまった幼い少年と出会い、
その将来を案じる。
やがて偶然見た写真に心を動かされた彼らは、
世界最後の桃源郷と呼ばれる
パキスタンのフンザへと旅立つ…

時間:139分
製作:2013年・日本
監督:成島出
出演:佐藤浩市 / 西村雅彦 / 吉瀬美智子 /
    小池栄子 / 黒木華 / 貞光奏風 / AKIRA /
    中村靖日 / 若村麻由美 / 井川比佐志 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
映画 けいおん!
絶対に贔屓目なんかじゃなく素敵な作品です!
 
今までになかった重低音から始まってワクワクしました。
と思ったらラジカセの音って…どんな爆音(笑)
でも劇中の曲はどれもTVアニメよりしっかりした音で迫力ありました。
 
冒頭は説明的な会話が多かったのが気になったけど
これが初な人向けだろうから我慢。
 
大ファンな私としては、普通のシーンでも、
またみんなの何気ない姿を見れたのが嬉しくて、
愛おしくて、ウルウルしっぱなしで鼻の奥が痛かったです。
 
どうせヲタクが見るアニメでしょって思わないでほしいな。
本当に老若男女問わず楽しんでもらえる作品だと思います。
 
唯の部屋着が不思議ワード柄なのはいつものことなんだけど
飛行機の中で着てた服がダサすぎて可愛かった(笑)
 
卒業旅行のロンドンはあっという間で、もっとずっと見ていたかったです。
だけど、早送り的にでもいろんなところを見て歩いて楽しんでのがすごく伝わってきて
ロンドンの景色もすごく素敵で楽しかったです。
ライブも見れて嬉しかったし。
 
教室でのラストライブは最後に『U&I』って私の涙腺崩壊曲だったので
窒息死するかと思いました。
しかも涙で滲んでよく見れなかったので、落ち着いてまた観ます!
ていうか、何回でも観ます!!
 
アニメずっと見てきたファンなら同じこと思ったと思うんだけど、
…まさか、あずにゃんのための曲って『天使にふれたよ!』のこと?って。
でもまさかぁ…って思ってたら、唯が口ずさむ『天使にふれたよ!』のデモ。
放送枠内でネタバレずみじゃないですか…。
でも曲作りのいきさつからの展開が見れて感動でした。

いつも守ってくれるさわちゃんにも感動でした。
 
ラストもいつも通りの唯の天真爛漫さが可愛かったです。
エンディングも曲・PV映像共に素敵でした。
 
ホントにけいおん!大好きです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

桜高軽音部で結成されたバンド
放課後ティータイムのメンバーは、
普段と変わらず部室でお茶を楽しみながら、
のほほんとした日々を過ごしていた。
ある日、クラスメートが卒業旅行の企画を
進めていたことをきっかけに、
自分たちも旅行を計画することにする。
1学年下の梓も加わることになり、
行き先をくじ引きでロンドンに決まったのだが…

時間:109分
製作:2011年・日本
監督:山田尚子
声出演:豊崎愛生 / 日笠陽子 / 佐藤聡美 /
     寿美菜子 / 竹達彩奈 / 藤東知夏 /
     米澤円 / 永田依子 / 真田アサミ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない
衝撃的に可愛かったです!

もちろんしょこたんが好きだからっていう贔屓目はあると思うけど、
それを差し引いても、すごく可愛い作品でした。

紹介文には【元気で明るいキャラクターとは対照的な役柄】ってあったけど、
彼女のファンなら、ピッタリだな!って思う暗さです(笑)
キョドって気持ち悪くならない、
ちょっとモテ女風な演技にクスクスっとしたくらいです。

これ、通常の劇場公開レベルですよ!
ホントに可愛い少女マンガ的なベタさがわかりやすくて、
女の子が簡単に引き込まれやすい作品だと思います。

ホントにベタで、まさか大切な人を事故でなくしたとかー?って思ってたら
ドンピシャでちょっと失笑。
よくいえばとことん裏切らないです。

橋の上あたりからバスターミナルあたりで妙に痩せていたのが
ちょっと気になりました。
ダイエットしてるのとかも知ってたけど、
顔は少しくらいふっくらの方がキラキラしてて可愛かったな。

キャスティングの完璧さが勝因だと思います。
この二人のための作品って感じだし、
主題歌になってるしょこたんの曲がモチーフになっているらしくて、
ホントに演者ありきで作られた脚本なんだなってくらい違和感ないです。

当時見れなかったのでDVD化してくれてホントによかったです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ

【あらすじ】

人付き合いの苦手な図書館司書の野田泉は、
ある日陽気で活動的な米谷ネルと出会う。
その翌日から職場へ押しかけてくる強引さに
困惑する泉だったが、
「図書館を作るのが夢」と語るネルに
少しずつ心を開いていく。
しかし、彼が近づいてきた理由を知り、
泉は自分の殻に閉じこもってしまう…

時間:68分
製作:2010年・日本
監督:篠原哲雄
出演:中川翔子 / 鈴木裕樹 / 金子さやか /
    遠藤要...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
すっかり放置してしまったエヴァ破を新年1本目に。

エヴァ、なんでこんなおもしろいんだろう…
本当にドキドキ、ハラハラ、ワクワク、それでいて切なさや息苦しさ、恐さやあったかさ、
いろんな感情が溢れてくる感じで終始夢中でした。

後半はよくわからないくらい涙が出続けていました。
自分が死ぬことなんてどうだっていいから死なせたくないなんて、
そこまで友情というか、絆を描いてくるとは…。

確かに小難しい部分もあるけど、
結構豊かな感情で人間らしさの部分もすごく描かれていて
今までのような殻にこもっちゃってるだけじゃない成長がすごく見えて
今の段階でこんな変え方してこのあと2作(?)どうなるのかな??って感じです。

今作も"総集編"的なものにするつもりだったらしいけど
前作公開後に独自のストーリーに書き換えることになったようで
オープニングから見慣れない雰囲気で、いきなり新キャラ・マリが登場し、
しかもなんだか出だしの印象は陰湿な空気のない子で、すごく新キャラらしい子。
妙に明るいエヴァだなって感じで新鮮でワクワクしました。
でもネルフも知らなかったビーストモードとか、
強烈な迫力で謎さが増して気になる存在です。

アスカは、いきなり弐号機で華麗な使徒殲滅を魅せて登場。
黄色いワンピースも見たかったけどなぁ…。
惣流・アスカ・ラングレーが式波・アスカ・ラングレーになっていました。
しかし、どうやら人格変更のための改名とかでもないらしく、
惣流は次作に出てくるのでは??クローン??という見解も。。。
次作に式波ならわかるけど、訳あり改名とかじゃないんだったら
完全に根本から新ストーリーじゃない?
アスカ好きなだけに人格云々とかより名前の響きの違和感がハンパなかったです。

社会科見学のシーンは妙にほのぼのしていて、それはそれで可愛かったです。
味噌汁を飲んだレイの「美味しい…」とキラキラした表情にはキュンとしました。
でも、いきなり極上の感情だしちゃうんだな…って気も。
その後も全面にわたってレイの感情豊かな成長が強調されていてビックリしました。
そんなに「ありがとう…」言うんだ。。。
サプライズセッティングしたり、ひとりひとりに手紙書いたり、、、恋したり?

ノスタルジックさを残しながらもリアル2009年的な面もあるのが面白かったです。
携帯電話を結構出してくるし、ゆりかもめ的なモノレールが走ってたり、
高速にはETCレーン、アスカはモバイルゲームに夢中?とか。
チラ見えしてるローソンもリアルで面白かったです。
劇場版にコンビニが出るのはスポンサー的にもう定番でしょうか(笑)

完全新規に描き下ろされているということもあって、
すごくキレイで鮮やかで、観やすかったです。

カヲルくんもチラチラ登場してきて、次作が本当に楽しみです。
今度は地元シアターでやらなくてもどっかに観に出かけよう。。。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
 
【あらすじ】

第3使徒がネルフの北極施設に出現、
真希波・マリ・イラストリアスの搭乗した
エヴァンゲリオン仮設5号機が迎え撃つ。
一方、日本では、シンジとミサトが車での帰途、
第7使徒に遭遇、そこへエヴァンゲリオン2号機が
出撃し、鮮やかに殲滅するのだった。
そして、2号機の搭乗者、式波・アスカ・ラングレーは
シンジが暮らすミサトのマンションの新たな同居人に。
やがて、ネルフ本部へ
直接落下を企む第8使徒が襲来。
エヴァ零号機、初号機、2号機は連係して
落下を食い止め、殲滅を成功させた。
ところが、続く第9、第10使徒との戦闘で、
彼らは自ずと過酷な運命を背負っていくこととなる…

時間:112分
製作:2009年・日本
監督:庵野秀明
声出演:緒方恵美 / 山口由里子 / 関智一 / 坂本真綾 /
     林原めぐみ / 子安武人 / 清川元夢 / 岩男潤子 /
     山寺宏一 / 宮村優子 / 結城比呂 / 岩永哲哉...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
 [ 1 / 7 Page ] 次のページ>>