<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
確かにエヴァだってだけで満足感あるんです。
精神的な部分を強く押し出して気難しさとかもある作品だけど、
今回の作品に関してはそんなことは関係なく難解でした。
突然何事ですか!?って感じです。

唐突な14年後には驚きました。
でもそこに何も知らず眠り続けていたらしいシンジを置いて困惑させるのが秀逸。
観てる側と同じ顔してますから。

なんだかんだいってもそうなるまでの間の話がわからないまま14年後なので、
そこらへんは後から見せてくれるのか…?
期待したいところです。
マリとアスカの出会いなんかはかなり興味深いですし。

マリのキャラ設定をもっとよく見せて欲しいのですが…
でも、相当可愛かったです。

全体的にキレイなというか、鮮明な作画で、
みんなすごく格好良さがアップしていたように感じました。
カヲルくんとシンジのシーンとか、見惚れました。
ただ、リツコが…ベリーショートになってて…イマイチだったかな〜。

世界が半壊してしまったことで、街の中を駆け抜けるようなシーンがありません。
イコール、かなりリアリティをなくしています。

とにかくネルフにどんなことがあったのか気になる!
ミサトさんのクールさが痛々しい程で、
今までのキャラが好きな人にとってはどうなのかなぁって。
終始っていうのは結構悲しかったです。
そんな中でも「シンジくん…」って呼んだ時には展開するかと前のめったのですが…。

今作はなんといってもカヲルくんの出番がかなり多い。
予想以上でした。
しかも何やら格段にイケメン化しているような。。。
ラストシーンはなかなかに衝撃的でした。

良くも悪くもこれ程までワクワク出来る新作を作れるなら
ずっといろんなエピソードをみせてほしいです。
と言いたいところだけど、世界観がズレてきそうな悪寒もしますね。
とにかく、次作、楽しみです!

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

エヴァンゲリオン初号機から
サルベージされた碇シンジ。
しかし目覚めた世界では14年が経過していた。
ミサトたち旧ネルフ職員らは、
反ネルフ組織「ヴィレ」を立ち上げ、
使徒とネルフ側エヴァと戦っていた。
ヴィレ艦内でシンジはミサトやアスカたちから
冷たい態度を取られる。
綾波レイを助けた代償として初号機は
「ニア・サードインパクト」を引き起こし、
世界が半壊してしまったためであった。
その犯人として扱われるシンジ。
二度とエヴァに乗らないことを厳命され、
爆弾付きの首輪まではめられるのであった…

時間:95分
製作:2012年・日本
総監督・原作・脚本:庵野秀明
監督:摩砂雪 / 前田真宏 / 鶴巻和哉
声出演:緒方恵美 / 林原めぐみ / 宮村優子 /
     石田彰...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
ツレがうつになりまして。
病気モノとしては観やすいと思います。
もちろん見ていてツライし、それぞれの気持ちが苦しかったり、
かなり泣きましたが…。
でも、すごくあったかいです。

コメディ要素もあり、可愛らしさが強くあるので
飽きることは全くなく、見守る気持ちでいられたかもしれません。

こんな人がうつになる典型みたいな性格の主人公でわかりやすかったです。
この作品では性格面が強調されていて、見ていて納得できる感じです。
堺さん独特のキョドった感じとか絶妙でした。

何と言っても主演の2人が最高です。
私的には『篤姫』の殿と姫がまた夫婦役!って浮かれてましたが
この盧衂弸覆魯淵船絅薀襪鵬聴Δ蕕靴ざ気感が素晴らしかったです。
この作品のあおいちゃん、ホントに可愛くて可愛くて。
マイナス思考って設定なんだけど、そこはあまりわからなかったかなぁ。
同級生の個展に行って引き返しちゃったシーンは
よくわかるし、よく描けてるシーンだなぁって思いましたが。
それと、常に献身的じゃない感じがリアルで感情を鷲掴みにされました。

講演会の最後にサラリーマン時代ストレスの種の1つであった人物から
一言もらっていい感じになってたけど、
観てる側としては紙一重で、トラウマ的に精神崩壊してもおかしくない気がしてしまって
ほのぼのしていたところに急にドキドキが来て、気が抜けないシーンでした。
でもあそこは、あぁツレ調子がいいんだなぁよかった、と思うのが正解なのかな。

家の雰囲気や、ライティングなど、すごく生活感があってリアルなのも
感情移入しやすい点だと思います。

ちょっと泣きつかれたけど、
すごく素敵な作品でした。

NHKの同タイトルのドラマでは藤原紀香さんがやってたようで、
それもちょっと気になります。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、
通称ツレが、ある日突然、
心因性うつ病だと診断される。
結婚5年目でありながら、
ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子は、
妻としての自分を反省する一方、
うつ病の原因が会社にあったことから
ツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に回復していくが……

時間:121分
製作:2011年・日本
監督:佐々部清
出演:宮崎あおい / 堺雅人 / 吹越満 / 津田寛治 /
    梅沢富美男 / 大杉漣 / 余貴美子 ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
マイマイ新子と千年の魔法
知らずにチョイスしたけど、マッドハウス作品ということで。
『REDLINE』に続き2作連続になりました。
マッドハウスだからという理由で期待するのもハードル無駄に上げる気がするけど。。。

でも、ハードルをはるかに華麗に飛び越える作品でした。

意味わからないくらい泣けました。
自分の親くらいの時代の子供のお話なのに、そこに自分がいるような、
そんな広い心で引きこんでくれるような、あったかい、懐かしい作品でした。

子供っぽいほのぼのストーリーだと思っていたら
壮大な空想や、結構ヘビーなお話まで入ってきて、子供向けではない感じでした。

声もすごく良かったです。
主役の2人もホントに合っていて、田舎の元気な女の子と都会から来た女の子、
個性もちゃんと出ていて、無理がない、ホントに子供みたいないい演技でした。

アニメーションも素晴らしかったです。
背景もすごく細かくて、あったかさがある質感も良かったです。
人物や動物の動きもすごく良かったです。

ラストがちょっとのんき過ぎで拍子抜けでした。
大好きなおじいちゃんがいなくなるのもサラリだし、
親友が引っ越すのに、ただただ笑顔だし。
泣いてるけど笑顔でお別れとかでも良かったのに。

ラストはちょっと惜しかったけど、
ホントになんでこんなに泣けるんだろうって不思議になるくらい素敵な作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

小学3年生の新子は、山口県の片田舎に住む
普通の女の子。
友だちや家族に囲まれ、この町にあった
平安時代の地方の国の都「国衙」について
空想することが好きだった。
そんなある日、東京から貴伊子という生徒が
転校してくる。
貴伊子が気になった新子は、
次第に親しくなっていくが…

時間:98分
製作:2009年・日本
監督:片渕須直
声出演:福田麻由子 / 水沢奈子 / 森迫永依 /
     本上まなみ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE

原作もドラマも大好きなのでワクワクは盛大にありましたが、
あんなにユルイ感じをわざわざドラマを経て劇場公開する意味というか…
何なのかなぁっていうのが、見終わって納得かな。
あぁいう展開にするなら深夜ドラマのユルさの延長じゃない感じがしました。

地味にブワーっと泣けました。

リクの両親のエピソードだったり、ニノさんがガチで金星に帰るとか。
予想以上にドラマチックに作ってるなぁって感じがしました。
ドラマ版は劇場版の前口上的位置なので見ておいた方がベストだと思います。
正直、最初からのストーリーなので要所要所ドラマで見た映像を見ることになります。
広げたり縮めたりで新展開が繰り広げられる感じになっています。

劇場版はメインキャラが絞られていて、
荒川村民たちみんなが主役になれるシーンがあるわけでもなかったです…。
その辺は原作好き的にはツライかな。
でも嬉しかったのは鉄鉄がついに原作衣装で登場!
多分ドラマのときは古着しかなかった記憶だけど、
体操シーンでセーラー服+ハーフパンツ+白ハイソ!
やっぱりこの衣装がいいんですよ!
となるとステラが頑なにちょっと汚い感じな古着重ねを着ていたのが
残念でなりません。
台詞回しもいまいちメリハリがなく、常にドスをきかせてる感じで、
裏表キャラが甘いです。
ドラマ化した時点であの衣装にしてしまった以上、
いきなりロリ服着させるのは違和感になるかもしれないけど、
たとえばニノさんのお別れシーンだけとかでも見たかったなぁ。

劇場版のキーマンはなんといっても村長です。
イリュージョンで脱いだー!!と思ったら終盤は完全に中の人が出てきちゃいました。
正直えーって気持ちもあるけど、その存在の不思議さが
作品として成り立っていた気がして、嫌ではなかったです。
ただ、どんだけチカラを持ってる人なんですか(汗)

とことんシュールでも、とことんメルヘンでも荒川ファンなら全然ありだと思いますが、
劇場版らしいエンターテイメントな作品になっていたと思います。
原作好きでこんな変えられてもなお、こっちも好き!っていうのは
稀なケースなのでよかったです。

なにはともあれ、荒川UB大好きです!

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ

【あらすじ】

再開発の視察のために荒川の河川敷にやってきた
大企業の御曹司・市ノ宮行は、
ピンチのところを美少女ニノに救われる。
かっぱの着ぐるみ姿の村長や
星のマスクをかぶったミュージシャンら
奇妙な人々との出会いに驚きながらも、
行は彼らのことを理解していくのだった。
しかし、河川敷の住人の一斉退去の日が近付いてきて…

時間:115分
製作:2011年・日本
監督:飯塚健
出演:林遣都 / 桐谷美玲 / 小栗旬 / 山田孝之 /
    城田優 / 片瀬那奈 / 安倍なつみ / 徳永えり /
    有坂来瞳 / 駿河太郎 / 平沼紀久 / 手塚とおる /
    末岡拓人 / 益子雷翔 / 井上和香 / 浅野和之 /
    上川隆也 / 高嶋政宏...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
カラフル
号泣でした。
さすが『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督。

この作品はちょっと教育的な面もあるけど、
家族で観たり、小さい子と観るのはちょっとどうかなぁ…。
結構大人向けだと思うし。
同じような立場にある学生とか、観てほしいと思うけど、
多分素直に受け止められる余裕はないんだろうな、、、

いじめられたり、好きな後輩が援交してたり、
母親が不倫してたり、自殺したり、
楽しい内容ではないです、結構ヘビーかも知れない、
でもストーリーが展開していくにつれ、色んなことが分かってきて、
友だちが出来たり、家族の気持ちを知ったり、
直接的にセリフにもしてあったりするのですごく感動しました。

ラストもすごく良かったです。
泣いて終わる感じじゃなくて、スッキリ終われました。

声優陣ちょっと微妙かな…いかにもって感じで、キャラクターが活きてない。
でも唯一レベル違いだったのはあおいちゃん。
好きだから贔屓目なわけじゃないです。
言われなかったら気づかないんじゃないかってくらいキャラクターになりきって、
完璧に演じていて、声優さんとしても素晴らしいです。
決して可愛い役じゃないけど、見事でした。
アッキーナもなかなか良かったと思います。
ギャルっぽいだけじゃなくアンニュにな面を見せる女の子だったし。

どうでもいいけど、、、
劇中に出てきたうまい棒の牛タン塩味…超好きでいつも仙台行くと買ってたのに
二子玉にも売ってるのか!?…二子玉行く機会めったにないけど(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

死んだはずの‘ぼく’の前に、突如‘プラプラ’という
天使(?)が現れ話しかけてきた。
大きな過ちを犯して死んだ‘ぼく’は、
再び下界へ戻って再挑戦するチャンスを
与えられたというのだ。
そして、自分の罪を思いださなければならないと。
こうして、‘ぼく’の魂は自殺したばかりの
中学生・小林真の体に入り込み、
真として生きることになる。
そして、‘ぼく’は「ある事」に気づく…

時間:126分
製作:2010年・日本
監督:原恵一
声出演:冨澤風斗 / 麻生久美子 / 高橋克実 /
     宮崎あおい / 中尾明慶 / まいける /
     南明奈 / 入江甚儀...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
 [ 1 / 6 Page ] 次のページ>>