<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SEARCH

NEW ENTRIES

MOVIE LIST

ARCHIVES

COUNTER

無料レンタル掲示板,チャット
2011.05.21〜設置

OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |  | 
くるみ割り人形
かなり上質なファンタジー作品でした。

blu-rayだったこともありますが、
映像がすごく綺麗で、構成・演出も素晴らしかったです。

くるみ割り人形さん、まさかの巨大化!?
と思ったら別の部屋では少女ごと小さくなって、まさにファンタジー!
少女はわざわざパジャマからドレスに着替えたりしてすごく可愛かったです。

人形も気持ち悪い感じではなく、CGになってからもなかなか可愛いです。
ドールハウスの住民たちはまさかの人間化しました(笑)
でもクオリティ高かったので素敵でした。

ツリーの中を通るシーンはすごく迫力のあるアングルでホントにキレイでした。

たまにミュージカル的に歌い出すのが私的には苦手なので残念。
でもシンプルで雰囲気もあるので作品的にナシではないんですが…、
どうも引いてしまうんです。

全体的に細かくこだわりを感じる作品で、
隅々まで楽しめました。

ネズミのシーンはもっとコンパクトにまとめてほしかったです。
その後も現実世界の話になって、
信じてくれない親というベタな嫌な雰囲気になってしまったので、
残念ではありますが、その辺りのストーリー性、緩急も素晴らしいです。
その後、ファンタジーの世界に戻るものの、
ダークな話が始まるので、
もう少しキラキラした世界が見たかったです。

ラストは現実で少年と再会する不思議で素敵な、暖かさがありました。

クライマックスがもう少しメリハリあったら完璧だったのかなぁ。

エンドロールに3Dスタッフの欄があったので
ツリーの中の迫力のシーンあたり3D用だったんだなぁと。
是非3Dでも見たかったです。
でも日本未公開なんですが…。
日本ではくるみ割り人形を現実的に身近に感じないからでしょうか??

ファミリーにもおすすめだし、ファンタジー好きにももちろんおすすめです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

心やさしい少女メアリーは、
クリスマスの夜おじさんから、
ちょっと変わったくるみ割り人形をもらいました。
しかし弟のマックスがお人形を壊してしまいます。
その夜、お人形にあやまったメアリー、
「ご心配なく! 」とくるみ割り人形が返してきたのです!
なんとその人形は悪いネズミの王様から
魔法をかけられた王子様だったのです。
メアリーは、NCと名乗る王子様と、
オモチャの王国に行くことに。
メアリーはなかまたちとオモチャの国を
とりもどそうとしますが…

時間:108分
製作:2010年・イギリス / ハンガリー
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演:エル・ファニング / ネイサン・レイン /
    ジョン・タトゥーロ / チャーリー・ロウ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
007 スカイフォール
冒頭から迫力満点で、すごい勢いで、ハラハラしたり、
これがあっダニエル・ボンドだったね(笑)って思い出しました。

それにしても、わざとっぽかったけど一般人や建物に危害くわえすぎでは?
それを少なからず問題にしているのかとも思ったけど、  
あれ?ひどい…なんかやな感じだなぁ…って。

全体的なテーマとして「世代交代」っていうのがあって、
初期作からのファンとしてはかなり辛かったです。
特にQのシーンをワクワクして見ていた人にとっては
戸惑いを隠しきれないと思います。
Mのことも歳だったりの引退云々はテーマにしやすいところではあると思うけど、
扱いがかなりショックで、泣きそうでした。
イギリス的な敬意みたいなのがすごく素敵なシリーズ作品だし、
ダニエル・ボンドの変化だけでも戸惑っているのに…。

でも、要所要所に初期作ファンを楽しませるシーンを作ってあって嬉しかったです。
ボンドカーなんて、もう家で観てたら歓喜を隠し切れないようなかっこ良さでした。

不思議な感じがしたのがボンドガールの存在。
今回の作品はボンドガール不在と言いたくなるような微妙さでした。
今回のボンドガールはある意味ではMかもしれないな。

ロケーションの見事さも007の見所の1つだと思います。
ボンドの生家とか、すごく不思議な場所で、幻想的で素敵でした。

音楽やカメラワークなどもトータルで世界観がしっかりしているので大好きです。
2時間半は長いかなぁと思いましたが、あっという間でした。
これからが不安になるストーリーではありましたが
期待し続けたいシリーズです。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

MI6のエージェントのジェームズ・ボンドは、
NATOの諜報部員の情報が記録されている
ハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、
トルコのイスタンブールに降り立つ。
その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、
同僚のロンソンが傷を負ってしまう。
上司の Mからは、敵の追跡を最優先にとの
指令が入り、後から駆け付けた
アシスタントエージェントのイヴと共に、
敵を追跡するボンドだったが…

時間:143分
製作:2012年・イギリス/アメリカ
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ / ハビエル・バルデム /
   ジュディ・デンチ / ベレニス・マーロウ /
   ナオミ・ハリス / レイフ・ファインズ / アルバート・フィニー...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
アルビン3 シマリスたちの大冒険
ワクワク・ドキドキできて心温まる素敵な作品です。

しかし私の凡ミスで…
どうやら2を観てないのに3を観てしまったようです。。。

突然出てきたメスのシマリスさん…こんなのいたっけな??
と思って調べたら、2で登場するキャストだそうで…。
完全に続きになっているので、出来るなら1から観たほうがいいです。
3ではもう当たり前にシマリスたちと過ごしているわけだし、
今までのことを持ち出すけど説明もなし。
これだけで観るとわからない点がわからないままになると思います。

でも本当にナチュラルで、違和感なく楽しめます。
設定なんてどーでもよければ、
これだけでも楽しめるくらいのストーリーは出来ていました。

終盤は結構泣けました。
でもラストはアルビンのヤンチャさがオチとして付けてあるので
安定の騒がしさと楽しさで終われます。

洋楽好きな人とかも楽しめるのかな。
リスたちが劇中で歌うのはレディ・ガガなど流行りも取り入れてます。

コンパクトにまとまっていて観やすいのでもちろんファミリー向けにもいいと思います。

特典映像の撮影の舞台裏もすごいです。
はっきり言ってかなりシュール。
よくあるCGがどうとかって内容ではなくて、
ロケでのシマリスたちの様子とか、普通にシマリスを演者として話してる。
…という演出、こだわりが見事です。

さて、2探しに行かなきゃ。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

休暇を楽しむため豪華客船にやってきた
アルビン、サイモン、セオドアのシマリス3兄弟&
ザ・しまペッツ3姉妹とデイブ。
しかし、はしゃぎすぎのアルビンのせいで
船内はどこもかしこもトラブルだらけ。
きつく叱られるアルビンたちだったが、
デイブが昼寝している隙に、
カイトで空を飛んで大はしゃぎ。
しかしそのまま風に飛ばされて、
6匹は無人島に行きついてしまう…

時間:88分
製作:2011年・アメリカ
監督:マイク・ミッチェル
出演:ジェイソン・リー / ジャスティン・ロング /
    マシュー・グレイ・ガブラー / ジェシー・マッカートニー...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
ザ・ライト エクソシストの真実
登場人物の設定や展開など、結構ドラマチックだったので
フィクションかと思いましたが、実話ベースとのことで、、、
映画がホラーというジャンルで怖いとかいうのとは違う意味で恐ろしい世界です。

映画としてすごく質感の良い作品でした。
シーンによって漂う空気が違うのがしっかり映像に出ていて、
世界感に入りやすく出来ていました。
もちろん雰囲気を出すために暗くしているシーンが多いので
見づらかったりもしましたが。。。

ちょっとわかりにくい専門的な部分もありがちなお話ですが、
神学生が主役なので、授業だったり実践だったり、
観てる側としても勉強するような説明的なセリフも入れてあって、
エクソシストって何なの?って人でも興味深く観れるんじゃないかなと思います。

この手の作品は大袈裟でクドいところがあって、
最悪冷めてしまうこともありがちですが、
この作品はテンポもよく、緩急もしっかりしていて、
登場人物の感情の揺れもわかりやすくて、すごく引き込まれました。
飽きずに観られるし、実話ということで不謹慎ですが結構ワクワクしました。

絶対的にその世界にいる人たちの中に、
不審がってる若者が入っていくところに見やすさがあったと思います。

後半からクライマックスの迫力は見事でした。
特殊メイク、音楽などの面でも素晴らしかったと思います。

正直あまり評価は高くないようで…まぁ人それぞれですが。
私は宗教宣伝とかどーでもいいし、
この作品の雰囲気的にも派手な演出なんて求めてなかったし、
かの名作のオマージュだとか、比べてどうとかつまらない観方はしてません(苦)
信心深くもないし、調子のいい時ばかり神頼みもするし、
悪魔に遭ってしまったら何の深い意味もなく神を信じると軽く言うかもしれません。
その程度の感覚だからこそ、最終的に必要なのってそれなの!?って、
要所要所でも出てくる精神論的な部分のドラマチックさに惹かれました。

ちなみに、かの名作とは比べませんが、
同系統の作品では断トツで『エミリー・ローズ』が好きです。
となると、、、単純にエクソシスト作品が好きなのかも知れません。。。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

神学校の卒業を目前にしながらも
司祭の道に進むつもりのない
神学生マイケルだったが、
恩師の神父からバチカンで行われている
エクソシスト養成講座の受講を勧められ、
ローマへとやって来る。
悪魔の存在に懐疑的な彼は、
異端だが一流のエクソシストと讃えられる
ルーカス神父を紹介されるが…

時間:114分
製作:2011年・アメリカ
監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス / コリン・オドナヒュー /
    ルトガー・ハウアー / アリシー・ブラガ...
comments(0) | trackbacks(0) |  | 
シュレック フォーエバー
相変わらずハイクオリティな面白さでした。

おとぎ話の終わり方「幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」を
具現化した場合、幸せなんて当たり前になって不満ばかりが目につくようになる、
毎日その繰り返し。
自由気侭な生活に戻りたい!
すごく分かりやすい入り込みやすいストーリーになっていると思います。

マンネリ化しないわけがない4作目にして、スタートに戻すと、
またちょっと違う展開だったっていう、
その面白さからの失って初めて気づく家族や友達の大切さ、
っていうところの真面目なテーマ。
ホントに観てて飽きません。

ちょっとダークな雰囲気ばかりだったのが残念。
もっとコミカルで可愛いシーンを挟んで欲しかったです。

ピノキオ好きな私にはちょっとキャラの使い方が物足りなかったです。
また華麗なダンスが観たかったなぁ。

ラストはちょっと泣けました。
本当にいいラストだったと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ ←もしよかったらポチッと´ω`)ノ
【あらすじ】

今や3人の子供を持つマイホームパパの
シュレック。
幸せ絶頂!のはずが、自由奔放な
‘怪物’だった日々を懐かしみ、
魔法使いのランプルスティルスキンと
危険な契約を交わしてしまう。
異次元の世界へと送り込まれた
シュレックが見たのは、信じがたい光景だった…

時間:93分
製作:2010年・アメリカ
監督:マイク・ミッチェル
声出演:マイク・マイヤーズ /キャメロン・ディアス /
      アントニオ・バンデラス / エディ・マーフィ /
      ジョン・クリーズ...
comments(0) | trackbacks(1) |  | 
 [ 1 / 9 Page ] 次のページ>>